やっぱ名古屋はええとこだぎゃあ

昼飯は狙い通り味噌カツだったが、いつもの悪い癖で食い気が先行して写真を撮るの忘れた。

しかし夜は凄いよ。
まず、白魚の踊り食い。
初めて食べたが、あっさりした酢醬油ダシの中に泳ぐ、透き通った可愛い魚たちを飲み喰らう。
口の中で跳ね逃げ踊る可愛い魚たちを噛み砕く。
こいつぁ粋なもんですぜ兄貴

これは見たことも聞いたこともない。
マンボウの腸。
マンボウだけでもそれなりに珍しいのに、それのホルモンだと。
魚とは思えない大きさと食感。
上ミノの繊維を繊細にして潮の香りを加えたような美味

その他、海老、牡蠣、つぶ貝などなど。
海産物好きの私には至福のひととき。

以前から抱いていた、名古屋駅前に美味いモノ無しという私の偏見は、見事消え去った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中